≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラベルの熟成。

片付けしていたら、2013のロッソが見つかった。
美味しかったので全部飲んだとばかり思っていたんだけど、これはうれしい。
3本ばかり残っていた。

湿度の高い場所での保管だったので、ラベルはシミやカビが出ている。
偶然に生まれた模様はきれいだなぁと。

中身と一緒に熟成することのできるラベル。
目指すところ。

DSC0790198_20161108153033527.jpg


印刷 : 大伸印刷 (金属凸版 墨/青金)

≫ Read More

スポンサーサイト

| ぶどう(UVE) | 15:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡 ファイブスポット。

DSC05676_2016110719354411b.jpg

静岡県内で唯一(?)四つ玉台のある撞球場。
噂によると、静岡にはほかに広野の老人施設に4つ玉台が3台ほどあるらしいが、これは年齢制限で行けないので残念。

ファイブスポットは台も玉もがきれいに手が入ってて、うれしい。
4つ玉好きなのは、磨かれてピカピカ輝く玉を眺めるのが好きだからかも。

まっすぐに並んだ玉を撞く初手の楽しさは、まさにプルプルのプリンにスプーンを入れる感動そのものだったり。

いつもは父とキャッキャキャッキャしながら撞いてるものの、本日は番外編で撞いてみたいという若者と一緒に。
1時間でサマになっていて、なかなかいいじゃない。

DSC07166.jpg

現在4つ玉台の残る撞球場は全国で約40か所。
古き良き時代の名残がたっぷり詰まってそうなので、全国行脚しながら写真を撮れないか、友人と検討中。
やってみたいね。

| ビリヤード | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビアンコ16

ビアンコ16のオリ引きをば。

今年はピコリットをブレンドしていないので、フィアーノ(とごく少量のファランギーナ)に。
昨年のものすごく高い酸のワインとは違う感じ。
手ごたえは…。おいしいよ。と、いつでも言っておく。

今年はオリの凝集性が高くて、今回は上澄み掬っただけのがおいしそうなのでろ過はナシで。
昨年、一昨年はろ過をした方がシャープなスタイルになると思ったのでろ過アリで。

ペーパーを巧みに使って余計な情報を削いだコーヒーがいい時もあるし。
プレスで情報量最大のコーヒーがいい時もあるし。と、そういうことです。

と、書いていたら美味しいコーヒーが飲みたくなる罠



| ぶどう(UVE) | 19:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪 保名倶楽部

私のビリヤードはどうしようもなく下手で、残念というより哀れなレベルではあるのだが、玉を追うのは楽しい。
たいていの場合、店主かお客さんが見るに見かねて指導してくれる。

それと一緒に、四つ玉の玉屋さんの雰囲気が、どこもたまらなく良い場合が多い。

大先輩の皆さんが元気で楽しんでいる間に、なるべく多くのところに行ってみようかと思う。

DSC06931.jpg


この美しい台は、大阪 阿倍野の保名倶楽部。

DSC06933.jpg

みんな四つ玉やってます。

開け放した窓とドアから、たまに通行人がのぞいていく。
下町のいい雰囲気。

| 撞球 | 17:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ACCOI 2016

今年も、なんとか醸造できました。
関係者の皆様、ありがとうございます。

DSC09797.jpg

今年はなんだか順調に。
傘紙なんて通常ではありえない仕様でお届けしております。

DSC06277.jpg

今年はフィアーノだけでなくロッソを仕込むことができました。
フィアーノの収穫は9月7日と9日に一人で。

DSC06281.jpg

ロッソは9月18日に友人2人の協力で。

DSC06751.jpg

ロッソは先輩のところで詰めまで終わりました。

DSC06959.jpg

DSC06960.jpg

フィアーノもそろそろ詰めようかなと。
ワインの量が少ないので、あまりのんびりしているとリスクが高いのです。

| ぶどう(UVE) | 17:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四つ玉キューを探す(3)ホンモノとニセモノの間で(爆)

今回の文章はイマイチ裏が取れていません
もし詳しいことを御存じの方がいましたら、ぜひ真相をお知らせください。
お願いいたしますwwww


DSC06837.jpg


さて、無事海外から四つ玉(にも使える)キューが届きました。
プリントキューの木ねじで、高級とは無縁のキューですが。
重さは490g 11mmと、4つ玉用にはやや重い部類のキューで、大変満足のいく買い物でございました。
下手だろうが、初心者だろうが、自分の道具を持つというのはやはりいいことと再認識。
もし購入を「生意気だって言われそうで」と躊躇している方がいたら、迷わず買いましょう。
撞いてれば周りの目なんて全然気にならないです。
というか、最近は周りの目が気になるほど玉屋さんにお客さんがいないです(泣)。

若かりし頃から一度も自分のキューを持たなかった父も大変喜んでくれて、まさに大団円となったのですが…。
ここで一つの疑惑が。

これ、本当にアダムのキューなんだろうか…。

DSC05902.jpg


そう、パチもん疑惑です。
アダムは日本の老舗キューブランドで、大変評価が高いそうですが、

近所の玉屋さんは、キューとして充分に四つ玉が遊べるし、まぁよくも探してきたねと存分に評価してくれた上で、
「けど、アダムじゃないと思うなぁ」
と一言。

たしかに本家アダムジャパンのカタログには「osaka」なんてキューは存在しない。

どうなんでしょうねぇ。
ただ、面白いのは、本家アダムジャパンのサイトによると「販売代理店」のヨーロッパ部門はオランダの会社
JOVA leisure
になっております。
こちらの会社では主に「buffalo」ブランドを紹介しているのですが、
アダムブランドのキューとして、私が今回手に入れたOSAKAやらNIGATAやらがワラワラと出てくるんですよね。

本家アダムジャパンが認めたヨーロッパ販売代理店がホームページで堂々とアダムのパチもんを扱うわけはないと思うので、まぁ、ここから考えれば私の持っているアダムキューはホンモノじゃね?となるわけですが…。

謎だ

どうなんでしょうね。
パチもんブランドを個人輸入するのはいろいろまずいので、せっかくなのでアダムジャパンに聞いてみようと玉砕覚悟で電話したのですが、
肝心の電話ではちょっと要領を得なかったというか…。
「まぁ、代理販売店のサイトに掲載されているなら本物でしょうもにょもにょもにょもにょ」
というお話でした。ううむ。

というわけで、
ここからは仮定(真相知ってる方がいたらこっそり教えてください)

ビリヤードの世界ではOEMなどが以前から大変複雑に行われてきている。
今回買ったキューはおそらく本物のアダムのキュー(=この場合の本物とはアダム社が商標をつけることを認めているキュー)ではあるが、
どこで作られたものかは、知る人しか知らない。

アダムジャパンの製作したキューかと言われたら限りなくアヤシイ(玉屋さん正しい)
アダムのブランドをつけることを正式に許可されてるキューかと言われたらおそらくOK(違法なコピー商品ではない)


最後に。
そんなこと考えてる暇あったら玉屋行こう!
マイキュー最高!

DSC05900.jpg

以上。

(もちろん、国内できちんとしている形で流通しているキューを購入するのがベストな選択だと思いますが、
四つ玉キューの国内流通の現状を考えたとき、とりあえず始めてみたい人の間口を広げるという意味でもこういう方法を紹介するのもいいのかと思って記事を作成しました。)


| 撞球 | 14:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四つ玉キューを探す(2) 発注から到着まで。

というわけで、前回まででは
国外に4つ玉キューを求める場合、
Cadre/Libreという競技用のキャロムキューを買えばまぁ、なんとかなるということが判明したところまで。

というわけで、
https://store.kozoom.com/
で買ってみましたよ。
送料は普通の方で33€ なんやかんやで追跡できます。
注文が休みの変な時間だったので、実際はもっと早く届くかもしれません。
以下、追跡状況。

2016/10/08 10:50 甲府中央郵便局(山梨県)->お届け済み

2016/10/08 01:05 甲府中央郵便局(山梨県)->到着

2016/10/08 00:57 甲府中央郵便局(山梨県)->中継

2016/10/07 13:29 東京国際郵便局(東京都)->国際交換局から発送

2016/10/07 04:30 東京国際郵便局(東京都)->通関手続中

2016/10/07 00:09 東京国際郵便局(東京都)->国際交換局に到着

2016/10/04 14:18 CHILLY CEI(FRANCE )->国際交換局に到着

2016/10/04 14:18 CHILLY CEI(FRANCE )->国際交換局から発送

2016/10/03 16:54 (FRANCE )->引受


結構親切なショッピングサイトなので、
3C用Cadre/Libre用の違いはメーカーによっていろいろなパターンがあるようですが、

3C専用は明記、3C用Cadre/Libre共用は
・キューの重さ 500g以上が3C用 以下がCadre/libre用
・タップの直径 12mmが3C用 11mmがCadre/libre用
みたいな感じで、実に分かりやすい。

DSC05905.jpg

先端保護のためのプラグ(ジョイントプロテクター)も付いてきます。

DSC06834.jpg

ソフトケースも一応付いてきます
(無残にもデコられる図)

とりあえず、2万円以下のエントリーモデルで充分ということで(父の分も揃えたかったし)
在庫のあるところで
ADAMのOSAKAってのを(149€)買ってみました。
父には同じADAMのNIIGATA(149€)を。

オーサカとかニーガタって何よそれって、特に何のこだわりもなくADAMを選んだのですが、これが今後笑えるネタになっていくのでした。

続く

DSC05908.jpg



(もちろん、国内できちんとしている形で流通しているキューを購入するのがベストな選択だと思いますが、
四つ玉キューの国内流通の現状を考えたとき、とりあえず始めてみたい人の間口を広げるという意味でもこういう方法を紹介するのもいいのかと思って記事を作成しました。)

| 撞球 | 13:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。